ハモンスノーの原木・
ブロック・スライスについて

※インターネットでの生ハム商品販売についてのお知らせ(お知らせ)

原木は仕入れた生肉の状態では約12キロ前後、2年間の熟成後は約8キロになります。
また、原木1本からとれる肉は約5キロです。

【こんな方におすすめ】

ほぼ毎日生ハムを食べられる方、正しい管理方法を実践できる方

【保管方法】

できるだけ低温管理を心がけ、切断面には最初にスライスした脂身を密着させ乾燥を防ぐようにしてください。生ハムの流通販売法定管理温度は10度以下、熟成の法定管理温度は20度以下となっておりますので参考にしてください。また弊社ではこれまで100人以上を対象に生ハム教室を通じて、生ハムの原木作りを指導して参りましたが、弊社おすすめの保管方法に基づいて保管いただいた方で問題があった事例は過去に1件もございません。

一般家庭で楽しむのに最もおすすめなサイズで、管理も比較的容易です。

【こんな方におすすめ】

頻繁に生ハムを食べられる方、お手軽な管理をご希望の方

【保管方法】

カビを生やさないハムなので、そのまま冷蔵庫に保管されてもカビは生えません。スーパーなどに設置されている薄いナイロン袋に入れ、手で圧迫し口を閉じてから冷凍保存することをお勧めします。再度食される時は半冷凍のままスライスし、残りは冷凍庫で保存してください。

スライス済で食べきりサイズ、保管も楽。

【こんな方におすすめ】

ハモンスノーを試食してみたい方、管理が面倒な方

【保管方法】

生ハムの大敵は酸化。開封後は完食されることをお勧めしますが、保存する場合は冷凍保存してください。盛り付けは金属製の器は避け、陶器または木製・ガラス製をお勧めします。